Excel使いになりつつある日々。

諸事情により、IT系SOHOからオフィスワークが主なりつつある今日この頃。
ワープロのごとくExcelを使う環境にあり、そのうえ前任者のデータが、それはExcelの使い方とちがいます的なものが多く、合間を見て改修をしたりしている。

平成29年4月3日とセルに直接入っている
(本来は2017/4/3と入力して、表示形式にて任意の型で表示するのが正しい手法)
△△△平成△29△年△4△月△3△日とセルに直接入ってレイアウトを決めている
(本来は、センタリング・右寄せ・左寄せ、場合によってはセルの結合を使って、配置し、表示形式にて任意の形で表示する)

この手法を使っていると、Excelの検索機能を使って任意の文字などを探し出せないし、使い回しなどをする際の書き換え負担も大きい。
また、データの並べ替えも行えない。

集計対象と集計結果がまったくリンクしておらず、また定型業務としてチェックを行う部分に関しては、必要な項目を参照をしておけば、楽になるというのに、そのチェック項目用にトランプ状のメモ紙の束があるというExcelはおろか、PCを使う意味があるのだろうか状態も。

今になって、こんなにExcelと仲良くなろうとは想像だにしていなかったが、同じデータをあちらこちらに入力して間違いを起こしてしまう(何せすっとこどっこいな性分)可能性のほうがコワかったので、VLOOKUP関数使いまくり、集計もSUMでなくSUBTOTALに変更して、モノによっては紙に出力した際に縦の流れを作って確認しやすいようにしてたりする。

自分の業務外でも、もっと簡単に集計結果を出せるのにということについては、こんな風にすると楽にできますと、提案したり。

にしても、退職した前任者はたしかに、はじめはPCもExcelも知らなかったままだったと思う。
でも、少なくとも10年以上は、PCでExcelを使って業務を進めてたわけで、そうなると「知らなかった」では済まされない気がしてならない。

どんな職種であっても、Try&Errorは大切。

「私はこうだから変われない」

そう言ったら、そこで終わりだ。

受け入れ、成長の糧にしていこう。

楽天RMSがChromeでアクセスできない?

久しぶりの楽天RMSでハマった。

RMSにログインまではできる。
お約束通り、いつも通り。
しかーし!
なんでか、そこから先、商品を登録しようとかすると、

Bad request

Your browser sent a query this server could not understand.

となる。

で探してみると、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1384721703

SSL2.0のまんまな楽天は、ダメやんか!

とChromeがNGだしてダメな場合があるらしぃ。

今回の原因はコレとは言い切れない。
Bad Requestは400で344じゃないし…

ためしにFirefoxでアクセスしたらできた
んで、たぶんChromeだけの問題

ちなみにR-Cabinet(画像格納)はChromeからのアクセスOKという(笑)

もぉなんだか原因掴むのもめんどくなる罠

“楽天RMSがChromeでアクセスできない?”の続きを読む

WordPressから離れたところに最新記事リスト

WordPress内というかテーマで、最新記事をずらずらと並べるというのはフツーにあることだけど、たとえばWordpressで動いてるコンテンツの上階層があったら、そちらでも動的にWordpressの最新情報などを掲載したいことがあることも・・・てか、あった!

ので、その方法をメモがわりに。

まず、サーバーの縛りで「.htaccessで、拡張子.htmlのままPHPを実行する」というのができないというのが大前提だったので、

まず
Wordpressのあるディレクトリにloop-home.php(もっとしゃれた名前をつけてもいい)なるものを作成。

index.html(最新記事を並べたいとこ)
 → 静的ページ(n)
 → wordpress(wordpressインストールディレクトリ)
   →loop-home.php

入れるのは、
まず、

<?php
require_once( dirname(dirname( __FILE__ )) . '/wp-load.php' );
?>

と参考にしたところには書いてあったけど、dirnameが通らなかったので、「dirname(dirname( __FILE__ )) . 」をはずして”の中に「/home/hoge/hoge/hoge/wp-load.php」のように書いた。

原因は知らない。(ヲィw

参考にしたのは「【wordpress】別サイトで投稿記事を読み込む方法」にある一番下のコード。

ただし、投稿タイプ名は’post’に変更したり、テキスト重視というかリストを出力したいので、アイキャッチ画像をあればアイキャッチ画像を出力でなく、アイキャッチあるよのアイコン表示にしたぐらい。
(イロイロめんどいのでアイキャッチ画像も絶対アドレスで指定というw)

動くのを確認したら、最新記事を並べたい上層のindex.htmlにloop-home.phpをiframeで表示にした。

本来iframeは使いたくないというか、iframeの中身は検索エンジンに評価されないから意味なしとは思うが、人には意味があるってことで!

というか人からの要望ですし!!!

ちなみに、.htaccessが使えるサーバーであれば、index.hmtlのままphpとして動かす設定できるので、iframeでなく、ちゃんと埋め込みできるよ☆

検索バーで固定ページを検索対象からはずす

get_search_form()は、オリジナルの検索フォームやWordPress標準の検索フォームを表示してWordPressのサイト内検索に有効にするための関数で、簡単にサイト内検索が有効にできる便利なものだけど。
 

<form role="search" method="get" id="searchform" class="searchform" action="<?php echo home_url( '/' ); ?>">
<div>
<label class="screen-reader-text" for="s">検索:</label>
<input type="text" value="" name="s" id="s" />
<input type="submit" id="searchsubmit" value="検索" />
</div>
</form>

 
これだけのものを出しているだけ。

で、ココで問題。
いろいろググってみたところ、「投稿だけを検索対象とする」にはfunctions.phpに呪文を書けばOK!となっているのだけど、これ書いちゃうと、固定ページが表示されなくなってしまった。
ヲィヲィ。

というわけでさらに探すと。
関数リファレンスにあった!答えが!

送信される唯一のパラメータは s で、現在の検索クエリの値を持ちます。しかしいろいろな形に検索クエリを変更できます。例えば検索結果に投稿だけを(固定ページ等を除外して)表示したければ、下記をフォームに追加します:

<input type="hidden" value="post" name="post_type" id="post_type" />

 
とどのつまり、get_search_form()を使わんで、検索バーだしゃいいじゃん!

<form role="search" method="get" id="searchform" class="searchform" action="<?php echo home_url( '/' ); ?>">
<div>
<label class="screen-reader-text" for="s">検索:</label>
<input type="text" value="" name="s" id="s" />
<input type="submit" id="searchsubmit" value="検索" />
<input type="hidden" value="post" name="post_type" id="post_type" />
</div>
</form>

 
というわけで、コレ↑をテーマに直接カキコ。
はい、無事投稿だけの検索バーが完成♪

ThemeのTestはどっちがいいのか?

テーマを変更するにあたり、すでに公開しているものに対して、あーでんこーでん検討するのに、現物で試すのは怖い。
とはいえ、テスト環境が持てないなら、やるしかない。

となると、どうするか。Pluginだ。

というわけで探してみたところ、
Theme Test Drive

WP Theme Test
らしい。

WP Theme Testは日本の方が作られてる。
→詳しくは「“Theme Test Drive”の代わりに使える“WP Theme Test”プラグインを公開しました

が今日(2016/11/16)現在でどちらも数か月アップデートしてないし、まだ使ってないので、どっちがいいか?の判断はつきかねるので、あっちとこっちに入れてみた(笑)