iMac内蔵のカメラだと写りが悪い

iMac内蔵カメラ

レンズのカバーは物理的にするべき

ハッキングされるコトはないかもしれないし、アプリによってセキュリティがズブズブになることはないかもしれない。
それでも、カメラ内蔵しているということは、「意図しない撮影がされる可能性」は常に考えるべきと思う。
カメラ(写真)が嫌いというのもあるかもしれないけど、内蔵カメラには物理的セキュリティをかけた方が安心。

百均でも取り扱いがあるようなので、安くて簡単なセキュリティだし、導入がオススメ。
ちなみに、iPhoneにもiPadの内部カメラ側にもつけてある(笑)
家族のノートパソコンにも導入済み。

iMac内蔵カメラはズームとかはできない

おいてある場所、座っている状況で、内蔵カメラとの距離が異なる。
正面におけば、自分の顔はカメラに対して正面をむくので、顔出しミーティングでも「誠意」が表現できるメリットはあるが、写したくないものがあれば画角を変えたいと思うのが、人情。
でも、iMac内蔵カメラにはそのような機能はない。

iMac内蔵カメラは映像が暗い

2017モノだということを引き算しても、同級生レベルのスマートフォンと比較したら、しょぼいカメラ。
スマホの自撮りから考えたら、暗い・・・暗い・・・。
(最近10マンそこそこのWindowsノートパソコンを買った人の内臓も暗かったので、メーカーは内蔵カメラ自体の精度は追求してないのかも)

写り調整ができるWebcamSettings

Webカメラ設定 (Webcam Settings)
というわけで、WebcamSettingsを導入してみる。
[WebCam Setting]サポートサイト
イロイロ調整できるんだけど、もっかの問題は「暗さ」なので、その対応策をねってみる。
明るさは調整できるんだけど、そのままの室内だと表情がわかる程度に明るくしようとすると、イヤイヤそれはな眠い画像になる(笑)
オフィスだと壁に向かって机を配置するってあんまりないから、照明は頭前方上部から落ちてくる。
しかし、自宅だとどうしても照明は頭後方上部、オフィスほどの照度はないが、逆光になりやすい。
太陽を背にして写真を撮ると、人が暗く沈んでしまうのと同じ状況。
日中であれば横からの外光の影響も受けるので、それをアプリだけでなんとかしようというのだから、それはまたそれで無理があるのかな。
980円払ったんだけど・・・。
単に、不美人は不美人なりになんとかしたいだけなんだけどwww
LEDリングライトなどを導入して、光を足してあげれば、とりあえずまぁ・・・ぐらいには使えるから、美しい人をよりいっそう美しくするにはbetterなんだろう(爆

このあたりの主観はガンマの調整の仕方がヘタとかもあるのは否めないけれど、引越し前にはそれほど問題を感じなかったので、外光の入り方・照明と部屋のサイズなど、外的要因が使い勝手に影響するので、試してみる価値はある!と思いたい

外に解決策を求めてみる、でもWebカメラは買いたくない

スマホがあるならスマホでいいじゃん

アプリを入れれば、スマートフォンをカメラがわりにもできる。
つまり、スマホのカメラの画像を内蔵カメラと同様に、Zoomなどで使えるようにしようってコト。
無料版もあるEpocCamので、導入のハードルは低い。
(導入方法は他の方がいっぱい書いているので略)

しかし、実はEpocCamは、Zoomアップデートが来ると使えなくなることが非常に多い。
マジで多い。ホントに多い。
(Google meet/Skypeなどでは問題がでたコトないけど)
Zoomで認識しないとなったら、Kinoniからドライバーの更新を確認したり、iPhone自体を再起動したりする必要があるかも。

2021/12/01
iOS15.1 iPhoneSE/iPhone内EpocCam Pro 2021.4/MacOS 11.6 2017iMac27/Zoomバージョン 5.8.6/EPOCCAM DRIVER For Macバージョン 3.3でMacOS内Zoomアプリは、EpocCam自体を認識していても、画像を受け取れていなかった。
Googlemeet・Skypeでは認識するので、ZoomとEpocCamの問題と思われる。
https://zoom.us/downloadに行ってクライアントダウンロードからZoomをインストールしなおしたらEpocCam認識。
Zoomアプリ側の自動更新でダメならこれしかなさげ。
しかし、コレでだめだったらどうしたらいいやらw

懸案事項はあれど、新たにWebカメラ買いたくない人には、この手が一番の解決策。
iPhoneじゃなくてandroidだったら、iMacじゃなくてDOS/V機ならちがうのかもしれない・・・とMacを長く愛用しているゆえに、Appleのせいじゃないかと思ってみたりもする。
(Windows+Androidが、USB接続で外部記憶装置扱いしちゃうぐらいだから、一番相性もよさげだしね)

Webカメラがわりのスマホをどこに置くか

モニターアーム化する前は、LEDリングライトでスマホホルダーがあり真俯瞰撮影スタンドを使っていた。

垂直のリングライトポールに対し、スマホホルダーのアームを90度にし、十時型にした上で、スマホスタンド部分を縦にして、iPhoneSEを設置。
iMac後方にスタンドを置いて、スマホスタンドがiMacの脇からニュっとだし、必要に応じてリングライトをつけてオンラインミーティングしていた。

iMacがモニターアーム化して、iMacそのものが机からの高さがあがっても、LEDリングライトスタンドは、高さ調整できないので、モニタの上からリンクができない。
さらに!
机の上がすっきりした分、LEDリングライトの台座がまるっとみえるのはいや・・・。
掃除してても、黒だから、ホコリめっちゃ目立つし。
スマホのカメラならリングライト必要としないし・・・。
(ZoomでEpocCamの撮影画像を認識しない、対処する時間がないとかの時は、iMac内蔵カメラ使うんで必要だけど)

シンプルスッキリしたいからノートパソコン用のフォルダーを転用してみるも

iMacの背面は、流線型でノートパソコンのように、のっぺりしていないので、どれでもは無理だし、貼り付け型には抵抗があったので、ノートパソコン向けだが、挟むだけのクリップタイプホルダーを試してみた。

一番よさげなトコを探って、挟んではみたもののナナメになる。

さらに、挟み込む際に隙間ができるので、そのままだと、そのうちブンッと飛ぶ(笑)
なので、iMacを挟む側に鬼ピタ 両面テープを小さく切って差し込んだので、結果貼ってるじゃん!!

ブンっとふっ飛ぶことは回避できて(現時点ですでに3日ひっついている)も、スマホの置き場問題解決できてないやん!

ちなみにモニタの上(内蔵カメラの横あたり)にも挟んでみたが、どうしても、天井から撮影してますの防犯カメラや監視カメラの映像のようで却下(笑)

ああぁ、本末転倒。
ドブにお金を捨ててる分はネタにしよう。

結果卓上スマホスタンドでオチとする

どうせコードは使い勝手悪くなるので、まとめたりしないし。
抜いたり、挿したりするし。

なので、卓上スマホスタンドを置いて、必要に応じてスタンドごとを移動して対応することにした。

(三脚スマホスタンドだと高さの自由度高いけど、三脚分の設置面積がいるので却下)
使用前提が、スマホだけでZoomと、EpocCamがちゃんと動作しているMac側Zoomのみ。

しかし、前項で書いているようにEpocCamとZoom次第で、とっさに使うかもしれない内蔵カメラへの不安満載。
なので、LEDリングライトスタンドを廃棄するかどうかが①番の悩みどころでもある。

それでも!
MacでZoomの際にiMac画面を共有すると「見えません」と言われる。
iMacが5K、相手がノーマル解像度モニタなら、そりゃ見えませんね!配慮足らずに申し訳ない!
と慌てて、画面共有するモニタをサブモニタ(iiyama ProLite XUB2292HS)

に切り替えることになる。
となると、当然顔も体もサブモニタを向いて、オンラインミーティングすることになるので、固定より状況に合わせてスタンドを移動できる方がいいのかもしんない。
その時、内蔵カメラだったら、ミーティング中カメラに顔を向けることもないし、写りは捨てよう(笑)
それなりの人はそれなりで、それ以上を求めず、現実をしっかり受け止めよう!

・・・というコトにする(笑)