baserCMSにチャレンジ

オープンソースでフリーで使えるCMS「baserCMS」を試してみることにした。

インストール手順は
2系 制作・開発マニュアルインデックス

ちなみに、運用しているサーバーXserverで要件は満たしている。

ダウンロードしたbaserCMSを解凍し、サーバーの任意の場所にFTPアップロードするのだが、ここがポイントで、基本的にアップロードした場所が運営のURLになる。

http://mamakiru.net/basercms/index.php
をbaserCMSの運用URLにしたのだが、サンプルだからいいけど、ぶっちゃけ、どぉよ?なURL。
ルート展開する場合の方法は、ドキュメントルートについてにあるけれど、そのあたり、先に決めておいた方がいい。

さらにデータベースとのコネクト確認で、つまづいたのでメモは以下の通り。

事前にDBを作成しておいて。

  • ●データベースサーバー名
  • ●データベース名
  • ●データベースユーザー名
  • ●データベースユーザーパスワード

をメモっておいて。

データベースタイプ
MySQL
データベースホスト名
mysqlうんちゃらかちゃら.jp(XserverではIPでとあったがIPでなくても通った)
ログイン情報
データベースユーザー名 データベースパスワード
データベース情報
bc_ データベース名 3306

とbc_の部分を書き替えないようにしないと
インストールが通らなかった。

まずは、インストールが完了。

2013/06/07追記

構成が複雑で理解をするより、Wordpressを使った方が現実的と判断し、放棄。